食育マルシェ®|健康経営にも活用!旬の産直野菜が自宅に届くテレワーク時代の福利厚生サービス

テレワーク時代の福利厚生サービス

押しフルーツ&ハーブの「ハーバリウム」をつくろう

押しフルーツ&ハーブの「ハーバリウム」をつくろう

 
押しフルーツやハーブを使って、気軽にデスクを飾れる癒しアイテム「ハーバリウム」を作りましょう。ハーバリウムとは”植物標本”という意味で、元は植物の状態を長期保存する方法として生まれたもの。お花を飾りたいけれど、お世話が難しい…という方にもおすすめの癒しグッツです。通常ハーバリウムはお花を使用しますが、このワークショップでは「押しフルーツ&ハーブ」を使用します。捨てられてしまう見切り品の果物・野菜も上手に活用しましょう。

集合開催の場合は、運営部で事前に作っておいた押しフルーツ&ハーブをバイキング形式で選んでハーバリウムを作ります。オンライン開催の際は、ご自身で押しフルーツ&ハーブを1週間前から作っていただき、それを使用して当日ハーバリウムを作ります。


 

学べること

  • 断面から好きな果物や野菜を見つける
  • リフレッシュまた集中する時間を作る
  • 空間をデザインする力を育む
  • エコロジーの心を育む

集合イベント

会場では、液だれしても大丈夫なテーブル(またはクロスや新聞で覆うなど)をご準備ください

押しフルーツ&ハーブは、弊社が事前に作成したものを使用し、バイキング形式で選んでハーバリウムを作成します。
※できる限り廃棄となるものや旬のものを使用するため、食材の指定はできません(柑橘は入ります)

オンライン

押しフルーツ&ハーブはご自身で作成頂きます(所要5日~1週間)。キット(ハーバリウム瓶、ハーバリウム液)同梱にて、作成用シートを参加者の元に事前にお送りします。好きな果物や野菜をご自身で調達し押しフルーツを作成し、ワークショップ当日にハーバリウムを完成させます。

対応時期

通年

対象

大人、親子
小さいお子様は保護者がサポートください(小学校高学年からお一人での参加OK)

つくる個数

ハーバリウム1つ

●お持ち帰りいただくもの…ご自身で作成したハーバリウム

ワークショップの流れ

 
<集合開催の場合> 約60分

本日の押しフルーツ&ハーブの紹介
ハーバリウムの作り方と見本品の説明
どんなハーバリウムをつくるかシートで設計を書いてみよう

・使用したいメイン食材
・イメージカラーやテーマ

食材を瓶に入れてデザインする
ハーバリウム液を入れて完成

記念撮影

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Send to LINE