食育マルシェ®|健康経営にも活用!旬の産直野菜が自宅に届くテレワーク時代の福利厚生サービス

テレワーク時代の福利厚生サービス

食育マルシェ<野菜コース>に、中小規模法人様が対象となる新たなプラン「食育マルシェ『ライト』」が新登場!!

健康づくりのセミナー実施には、通常は数十万円の費用がかかると言われています。自社の栄養士でコンテンツを作成し企画実施をしようと思っても、実施までの準備にもかなりの時間を割かれ、人的コストはかかってしまいます。また人前でのお話しが得意な講師役もなかなか居らっしゃらないという問題点も…。

食育マルシェ『ライト』なら月々約1万円から、健康づくりのための食育セミナーを実施可能!しかもセミナーに即した、こだわり生産者のテーマ野菜をお届け!
健康経営を推進される中小規模法人様のための新プランです!!

リリース記念で、なんと!半年間無料キャンペーンも開催!

  

 
≫プレスリリースダウンロード(メディア様向け)

食育マルシェ『ライト』リリース記念!
基本料半年無料キャンペーン

 

食育マルシェ『ライト』リリースを記念して、下記の通り、基本料半年間無料にさせていただきます。健康経営のみならず、本当に従業員に喜んでいただける・生活に役立つ福利厚生施策としてもピッタリです!

  • 基本料11,000円/月(税込)6か月間無料!

・野菜をお付けする場合は野菜費用が別途発生いたします(セミナーだけ=基本料のみでのお申込みもOK)
・年間でのご契約となります

●先着10社様限定!
●お申込期限 2023年4月10日まで(ご契約開始 2023年5月)
●対象=中小規模法人(食育マルシェ HP や提案資料などへの社名とロゴ掲載が可能な企業様)

食育マルシェ『ライト』
サービス概要

 


実施内容や流れは、大規模法人で導入されている従来版(通常版)の「食育マルシェ<野菜コース>」と同じで、“参加型の食育セミナー”と“野菜マルシェや宅配”がセットになった食育プログラムサービスです。

 

新たな『ライト』版と従来版との違い

<従来版(通常版)>
・企業ごとに開催(1社で行う)
・実施日程、専用ページ、実施方法、野菜販売金額、アンケート、クーポン発行方法などを様々にカスタマイズ可能
・zoomはミーティング形式で行い従業員同士顔や名前を見たり、優勝者を決めたりコミュニケーションが可能
・1回のみのSPOT契約が可能

<新/ライト版>
 ・導入企業全社が同じ1つのzoomウェビナーに入り開催(開催日は固定=毎月第2水曜日12:15~12:45)
 ・zoomはウェビナー方式で視聴参加のみ
 ・1回あたりの金額が低コスト!何人参加しても料金定額
 ・年間でのサブスク契約のみ
 ・対象は中小規模法人(健康経営優良法人認定制度で区分される中小企業の要件に準じます)

 

最も大きな違いは、従来版は1社様専用で開催ライト版は企業合同で行う点です。

そのため従来版はカスタマイズが可能ですが、ライト版は日時や開催方式が固定化され、その代わり低額でご導入いただけます。セミナー&食材内容は従来版の食育マルシェと同じですが、企業合同で行うことで“低コストで導入できる”点がポイントです(基本料金が年間39万6,000円もお得に!)

 

『ライト』版のスケジュール

食育マルシェ『ライト』のサービス開始
◆サービスリリース=2023年3月1日
◆サービス提供開始=2023年5月~  

初回開催 5/10(水) 
実施テーマ「血液サラサラ/新たまねぎ」予定

★ライト版実施の日時は固定開催となり、下記日程にて開催
★開始月は何月からでもOK!

【2023年の開催日】
いすれも第2水曜日の昼12:15~12:45

5月10日(水)新玉ねぎ
6月7日(水)トマト
7月12日(水)卵
8月9日(水)とうもろこし
9月13日(水)マッシュルーム/きのこ
10月11日(水)ごぼうor玄米
11月8日(水)さつまいも
12月13日(水)ビーツ

≫ 2023年実施のテーマ野菜はこちら

 

『ライト』版の実施内容&お送りする野菜

(1)参加型クイズセミナー

セミナーは従来版(通常版)の<野菜コース>を全く同じ内容を実施します。
≫ 野菜コースについてはこちら
 

月ごとにテーマとなる”旬の野菜と、それに関連する”健康テーマ”が設定されています。テーマは月や年ごとにも変わるので、毎回参加しても飽きず、テーマごとに惹きつける層が広がります! ※野菜以外の食材もテーマとなります
≫ これまで実施のテーマ

<過去のテーマ例と流れ>
 
例)2023年1月テーマ「貧血/ほうれん草」
 
●導入…1月が旬のほうれん草に多く含まれるミネラル”鉄”に注目し”貧血”についてのお話し
  ↓
ほうれん草に関するクイズ10問出題
  ↓
●お届けするほうれん草とそのほかの野菜の生産者の紹介


\ クイズ内容は生活密着型! /
選び方・保存方法・調理のコツなど


答えを送信してリアルタイム参加型!

  • 集合してみんなで1つの画面で参加してもOK
  • 自宅など各自PCやスマホから参加してもOK
アバター
参加者の声
クイズ番組に参加
しているみたい!

(2)お送りする野菜

POINT1 
運営部が厳選したこだわり生産者!

野菜ソムリエ資格者を含む運営部が、実際に食べて厳選した、こだわりの生産者の野菜をお届けします!テーマ野菜ごとに農家さんをセレクトし、基本的に複数の生産者の野菜を詰め合わせでお送りします。スーパーでは買えないような珍しい野菜や、レアな野菜も入ることがあります!

<生産者例(一部)>

細谷農園

玉ねぎ
(千葉県白子町)
 
メディアにも多く取り上げられる生産者で、数多く人気TV番組にも登場!美味しいとリピート依頼も多数!

みどりの大地

トウモロコシ
(長野県上田市)
 
高糖度はもちろん!甘いだけでなく旨味のあるとうもろこしを目指して、日々探求し続けているトウモロコシの匠!

久野農園

多品目
(埼玉県比企郡)

通年様々な野菜を、有機農業が盛んな小川町近くで、農薬や化学肥料を使わずに育てている。珍しい品種なども!

POINT2 
セミナーに沿ったテーマ野菜をお届け!

旬の野菜のクイズに参加して、テーマ野菜に興味が湧いたら…即実践!
人参がテーマなら、お届けする野菜にも必ず人参が入ります!

▼オフィスへまとめてお届けイメージ

目安として、テーマ野菜を全体の約1/3量:その他の野菜2/3程度で構成してお送りします
※写真は従来版(通常版)訪問開催の様子。ライト版でお送りする際は木製傾斜台やPOPなどの付属はございません。

▼従業員の自宅へ配送例

テーマ野菜+その時の旬の野菜=計5袋/箱
(5袋のうち1袋は必ずテーマ野菜)
※テーマ野菜割合は変動する場合があります

 

POINT3 
珍しい野菜も安心!食べ方動画付き!


届いたこの野菜ってどうやって食べたらいいの?…そんな時のために、お届けするすべての野菜に食べ方動画を完備!

野菜についているシールのQRコードを読むと、それぞれの1分程度の食べ方動画を見ることができます。

≫ 食べ方動画一覧

 

『ライト』版の料金

 
基本料金 11,000円/月(税込)
 + 
野菜費用  
・オフィスへまとめてお届け
・従業員の自宅へ宅配

※野菜を付けずにセミナーのみでもOK
※野菜の詳細料金はお問い合わせ下さい

 
例1)従業員30名セミナーのみの場合
基本費用11,000/月のみ

例2)従業員50名の場合
基本費用11,000円+野菜はオフィス1か所へまとめて配送50袋12,750円+送料3,000円=26,750円/月

例3)従業員100名の場合
基本費用11,000円+野菜は従業員の自宅へ3,500円×10箱=35,000円/月

例4)2拠点従業員120名の場合
基本費用11,000円+野菜はまとめて配送(A支店100袋25,500円+送料5,000円)+(B支店10袋5,000円+送料1,500円)=47,500円/月

例5)従業員40名で野菜2袋配布の場合
基本費用11,000円+野菜はオフィス1か所へまとめて配送80袋20,000円+送料3,000円=34,000円/月
 

  
 

実施までの流れ

1~2カ月前
お問い合わせ・お打ち合せ
約1か月前までに
お申込み(ご契約)

3週間前までに野菜数などのお申込を締め切らせていただきます

開催2週間前
ご担当者様へ開催詳細のお知らせ
「専用ページ」を活用し社内で告知開始


上記のような「専用ページ」を告知にご活用ください。上記はサンプルのためパスワードなしで入れますが、実際の専用ページにはパスワードがかかります。ライト版専用ページの閲覧パスワードは毎月変わります

当日12:15~12:45
専用ページからzoomへ入室し、食育クイズセミナーに参加

参加者各自PCやスマホにて、または集合してみんな一緒のモニターにてご参加ください

当日中
野菜が届く(オフィスにまとめてお届けの場合)

セミナー終了後ご担当者さまにて野菜をお配りください

終了後13:00~翌日23:59締切
「おうち便(野菜BOX)」自宅配送受付

事前に企業様にクーポンをお申込みご購入いただき、当日はご用意数にて先着順にて受付いたします

野菜BOX受付は通販サイト「たべいく」特設商品ページより、従業員さまご自身にて個人情報をご入力いただきます(ご担当者さまにてExcel等での個人情報の取りまとめはございません
 

セミナー翌々日発送
「おうち便(野菜BOX)」発送

予定数に満たなかったクーポン分の野菜は、福祉施設や子ども食堂に寄付させていただきます

 
≫プレスリリースダウンロード(メディア様向け)